局所療法で根治し得たNeuroendocrine DCIS の1 例

This article is available for purchase

異常乳頭分泌の原因となる乳管内病変は,局在診断できない症例に遭遇する。われわれは,長期にわたる経過を経て発見されたneuroendocrine(NE)ductal carcinoma in situ(DCIS)に対して,局所治療を行って根治切除が可能であった症例を経験した。症例は44 歳,女性。5 年前より右乳頭異常分泌を認めていたが原因は特定できなかった。分泌の停止と確定診断を目的として,局所麻酔下乳輪切開法による内視鏡補助下乳管腺葉区域切除術を施行した。病理組織診断はNE─DCIS。切除断端は陰性。estrogen receptor 陽性,progesterone receptor 陽性,HER2 score 0,Ki─67 index 80%であった。術後に全身検索を施行したが,遠隔転移は認めなかった。術後に血性の乳頭分泌は消失し,補助放射線療法を施行した後,tamoxifenの投与のみで経過をみている。1 年後の現在,転移・再発の徴候を認めていない。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access