進行乳癌にモーズペーストを使用してQOL の改善を得た1 症例

This article is available for purchase

乳癌局所再発や皮膚浸潤を伴う局所進行乳癌は病巣部から渗出液,出血,悪臭によりQOL を著しく阻害する状態となる。今回モーズペーストの使用により,良好な局所コントロールを得られた1 例を報告する。57 歳,女性。渗出液と悪臭を伴う右乳房巨大腫瘤を認め,肺,肝,骨転移を認めた。化学療法を施行しながら局所療法としてモーズぺーストで固定し切除を行うことにより,巨大乳房腫瘤は平坦化した。モーズペーストは進行乳癌に対して局所制御できる可能性が示唆された。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access