乳癌術後癌性心囊炎による心タンポナーデに対しPaclitaxelおよびMinocyclineの心囊内投与が有効であった1 例

This article is available for purchase

症例は56 歳,女性。45 歳時に乳癌に対して乳房腫瘤切除術および乳房切断術を施行した。56歳時に咳嗽,呼吸困難を自覚し,胸部X 線など精査にて心囊水,胸水の貯留を認めた。その後,心囊水が増加し心タンポナーデを発症したため,緊急にエコーガイド下心囊ドレナージ術を施行した。心囊水細胞診がClass Ⅴであったため,再発乳癌による癌性心膜炎(心囊炎)と診断した。再貯留を予防する目的にて,心囊内にpaclitaxel 45 mg,minocycline 100 mgを投与した。その後は心囊水の再貯留は認めず,心タンポナーデの発症もその後は認めなかった。心囊内へのpaclitaxel およびminocycline の投与が乳癌の癌性心膜炎,心タンポナーデのコントロールに有効である可能性が示唆された。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access