分割DCS 療法による術前化学療法にて治癒切除可能となった進行胃癌の1 例

This article is available for purchase

症例は67 歳,女性。心窩部痛を主訴に受診。上部消化管内視鏡検査にて前庭部に亜全周性の3 型胃癌を認めた。CTにて高度リンパ節転移を認め,cT3,N2,M0,Stage ⅢA と診断した。治癒切除困難と判断し,術前化学療法として分割DCS療法を3 コース施行したところ,CT上リンパ節は消失した。幽門側胃切除術を施行し,最終診断はypT3,N0,M0,Stage ⅡAであった。術後約1 年4か月再発なく経過観察中である。

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access