6.乱視の患者さんの視力矯正

This article is available for purchase

 球面矯正で調節の介入を防ぎ、最小錯乱円を正しく網膜上にもってくることができたら、乱視の矯正に入ります。乱視の矯正方法には、乱視表を用いる方法と、クロスシリンダーを用いる方法があります。それぞれの基本手順や、前焦線、最小錯乱円、後焦線と網膜との位置関係、乱視表や視標の見えかたを理解しておかなければなりません。

  • Affiliations: 関西医科大学附属枚方病院

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access