膝窩動脈捕捉症候群

This article is available for purchase

膝窩動脈捕捉症候群(popliteal artery entrapmentsyndrome)は膝窩領域において,筋や腱,あるいは線維性組織の走行異常によって膝窩動脈が慢性的に圧迫を受け,血管の閉塞や狭窄をきたし下肢の血行障害を呈する疾患である.若年者における間欠性跛行の鑑別診断として重要で,1965年にLove とWhelan により膝窩動脈捕捉症候群として初めて報告された1).

  • Affiliations: 東京医科歯科大学; 慶友会つくば血管センター

Share this article with others: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages.

Main Menu

  • Browse by Publication
  • Browse by Publisher
  • Subjects

New Journals

  • Text size:
  • A
  • A
  • A

Key

  • access icon New
  • access icon Subscribed
  • access icon Free
  • access icon Trial
  • access icon Open Access